読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

のほブログ

さらばWordpress.com

Amazon Student高専生 その2:登録編

その1からの続きである

 

1.情報を入力する

まずAmazonStudentのページで会員登録ページに行き情報を入力する

 

必要とされるのは

 

 

  • 学生用Eメールアドレス

 

 

  • 学校名

 

 

  • 卒業予定年月

 

 

  • 学年(高専生という選択肢がある)

 

 

  • 専攻

 

 

  • クレジットカード情報(予め入力しておくと表示されない)

 

 

留年しなければこの年に卒業なんだよな・・・と考えさせられる、恐ろしい

 

上手くいけば認証メールが学生用Eメールアドレスに届く、僕は上手くいかなかった

 

上手くいかない場合、次の手段に出る必要がある アナザールートだ

 

 

 

2.Amazonにメールを送る

別にクレーマーになれというわけではない、ヘルプにも書かれている正攻法なのだ

 

ようはAmazon「自分は資格のある学生であります!」とメールを送ることで証明するのだ

 

ここでは学生として認められているということを表すブツが必要になる(学生証、在学証明書...)

 

僕は学生証をスマホのカメラで撮り、そのままメールに載せた

 

他に必要な情報として

 

 

  • 氏名(アカウントと同じ名前の必要がある)

 

 

  • 通学している教育機関の名前

 

 

  • 学年

 

 

  • 専攻

 

 

  • 学生用Eメールアドレス

 

 

などが存在する

 

後は、Amazonに向かってメールを送りつけるだけだ(メールアドレスはヘルプ参照)

 

正しく入力されていれば1日程でAmazonからお返事がやってくる

 

 

 

3.メールに従い情報を入力する

Amazonからやってくるメールに従い、リンクをクリックすると

 

2013-11-26_125833

こんな感じで改めて色々要求される

 

これが終わるとついに

2013-11-26_130115

 

登録完了、やったぜ

 

改めてAmazonからStudent会員おめでとうメールが来て本当の本当に終わり

 

 

 

どうだっただろうか

 

僕のはイマイチAmazonが認識してるか怪しいらしく、Student会員情報の管理を見ると「お前は会員じゃない」と言われる

 

でも試しに買い物してみるとキチンとStudent効果が出てるっぽい・・・?

 

まだ登録した当日なのでよく分からない

 

とりあえず今回はここまで、さらばまた次回

 

<追記>

無事AmazonからもAmazonStudent会員と認められた

11月26日にStudent会員になったのだが、制度が適用されるのが11月30日からだったらしい

後、クレジットカードの情報が古かったのも原因の1つ

この状態でAmazonStudentおめでとうメールが来たからお互い混乱した感じ